社長ごあいさつ 会社概要 事業内容 ビジネスモデル オリジナル商品について
ビジネスモデル
Passportの活力の源泉となる「各店仕入システム」 独自の商品管理体系を構築する「データ・マーチャンダイジング」
パスポートでは主要商品を本部から全店に紹介する一方で、サイド・アイテムについては各店長が独自の判断で商品セレクトする「各店仕入」システムを採用しています。本部仕入、各店仕入にかかわらず、すべての商品は「SKU」(Strategic Keeping Unit=戦略的管理単位)と呼ぶ商品単位に分類され、POS(販売時点管理システム)によって売上の動向が細かくチェックされます。売れ筋商品についてはセントラル・バイイングでスケールメリットを追求し、各店仕入によって全国各地の店がアンテナショップとして機能します。お客様と同世代の店長たちが中心となって行っている各店仕入れこそ、それぞれの店の客層に合わせた品揃えを可能にし、パスポートの活力ある売場作りに大きく役立っているのです。
パスポートの売り場作りの特徴は、「好調店の取材」、そこから浮かび上がってきた最新情報の「各店へのフィードバック」、そしてここにご紹介申し上げる「POSによるデータ・マーチャンダイジング」です。パスポートは雑貨店の中では他社に先駆けてPOSを取り入れ、独自の商品管理体系を構築し、特定個人の感性に極度に頼らないデータ重視の品揃え手法を確立しています。これにより、売れ筋商品をいち早く探し出し、さらにその売り方の成功パターンを確認、これを定例会議とビジュアルな資料を通して全店にすばやく広めるのです。各店仕入システムにより、店ごとに少しずつ品揃えの異なるパスポートですが、チェーン店としての売り場の統一感は、このようにして守られています。
このページのトップに戻る
Home プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ コンプライアンス基本方針・行動基準