コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、企業の社会的責任を重要視し、法令遵守はもとより企業倫理について常に高い意識を持つことが重要と考えております。「パスポートのビジネスにかかわるすべての人々がハッピーになる」という企業理念のもと、お客様、株主、取引先、従業員と対話を繰り返し、常に最善の道を歩む努力を続けてまいります。また、コーポレート・ガバナンスが有効に機能するために、当社は経営環境の変化に迅速かつ的確に対応できる組織体制の構築及び経営の透明性が重要と考えております。

会社の機関の基本説明
  1. 当社では、激しく変化する経営環境に対応し、会社の抱える課題に迅速かつ的確に対処するため、「MM会」と呼ばれる定例会を毎週開催しております。当会は、取締役メンバーに加え、社長及び取締役から指名された者が各担当部署の状況報告を行なうとともに、重要な経営課題について検討しております。
  2. 取締役会は、取締役4名によって構成されており、定時取締役会を毎月開催するとともに、必要に応じて随時開催しております。社外取締役はおりませんが、取締役会には監査役が出席して意見を述べるほか、取締役の業務執行の妥当性、効率性を検証するなどの経営監視を行なっております。また、当社の取締役の任期は定款で1年と定めており、経営責任を明確に示せる体制となっております。
  3. 当社は、監査役制度を採用しております。監査役会は、3名により構成され、うち2名は社外監査役であります。各監査役は、監査役会が定めた監査方針・業務の分担等に従い、取締役会への出席、業務や財産の状況の調査等を通じ、取締役の職務遂行の監査を行なっております。
  4. 内部監査につきましては、内部監査室社員1名が中心となり、定期的に社内規程や法令の遵守状況について、店舗及び各部署を巡回することにより、牽制機能が働いております。
  5. 会計監査におきましては、当社と監査契約を締結している東邦監査法人が監査を実施しており、監査役会及び会計監査人に対して会計情報のみならず求められる経営情報等を積極的に提供し、会計監査の有効性や効率性を高めております。
  6. 内部統制の整備・運用・評価に当たっては、内部統制事務局を組織し、継続的に改善する体制を構築しております。さらに、代表取締役社長を責任者とし、MM会メンバーで構成された内部統制委員会を設置し、内部統制事務局からの評価を統括しております。
  7. 法令遵守につきましては、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士などの社外の有識者に必要に応じて相談する体制をとっております。
当社のコーポレート・ガバナンス体制

当社は株式会社大阪証券取引所において施行された「JASDAQ等における企業行動規範に関する規則の特例」によ り、平成22年5月27日開催の株主総会において定款の変更及び会計監査人の選任を行い、監査役会及び会計監査人を 設置しております。

資本構成

【大株主の状況】(2016年9月26日現在)

氏名又は名称 所有株式数(株) 割合(%)
RIZAPグループ株式会社 9,730,000 64.86
株式会社パスポートライフ 1,268,680 8.45
水野 純 700,340 4.66
鈴木 忠光 123,250 0.82
株式会社SBI証券 111,800 0.74
株式会社みずほ銀行 60,000 0.40
水野 由美子 53,570 0.35
大竹 秀達 53,000 0.35
株式会社ダイゴ・クリエイト 50,000 0.33
久保田 勝美 43,440 0.28
支配株主(親会社を除く)の有無 -
親会社の有無 RIZAPグループ株式会社
(上場:札幌)(コード)2928

【補足説明】
当社は、平成28年4月18日の取締役会において、RIZAPグループ株式会社(旧社名健康コーポレーション株式会社)との間で資本業務提携契約締結及び第三者割当による新株式発行を決議し、平成28年5月26日開催の当社定時株主総会において承認されており、平成28年5月27日を払込期日としてRIZAPグループ株式会社(旧社名健康コーポレーション株式会社)を割当先とする第三者割当による新株式9,730,000株を発行したことにより、RIZAPグループ株式会社(旧社名健康コーポレーション株式会社)は、当社の主要株主となっております。

⇒その他のコーポレート・ガバナンスの状況等については、添付の「コーポレートガバナンス報告書」をご覧ください。