新中期経営計画 『Challenge 50』

創業50周年を“新たな飛躍の年”とするための挑戦の経営を推し進めます。

2014年3月よりスタートした3カ年の中期経営計画では、最終年度(2017年2月期)に「創業50周年」の大きな節目を迎えます。当社は、この年を“新たな飛躍の年”とするために、下図の3つの経営課題を掲げて実行計画を推し進めてまいります。
そのうち特に中心となる取り組みが「Passportブランドの再生」です。MD(品揃え)の再構築とブランドアイデンティティの再構築を行い、他店に対する差別的優位性を回復させ、創業50周年を迎えたいと考えております。

創業50周年を“新たな飛躍の年”とするための挑戦の経営を推し進めます。

中期経営計画『Challenge 50』では、Passportブランドの再生による既存店売上高の回復を最優先に取り組みます。そのため、商品・品揃え・ブランドイメージなどあらゆる面でPassportの“魅力”を復活させるだけでなく、当面は新規出店を抑制し利益改善の見込めない店舗についても大胆に撤退するなど“強い既存店づくり”を目指した出退店政策を推し進めてまいります。これにより、根本的な収益構造改革を図ります。